当院のブログ

2020年1月27日 月曜日

口内炎の猫の全臼歯抜歯・全抜歯/武蔵小杉、武蔵中原、元住吉、日吉 みつはし動物病院

こんばんは。

川崎市中原区のみつはし動物病院です。

猫の口腔内トラブルは非常に多く、若い子でも歯茎が腫れていたり、口臭が強くなっているケースに良く遭遇します。

単純な口内炎であれば、口腔内環境を良くするようなサプリメントを使ったり、歯磨きをして頂くことで状況の改善が認められるケースもありますが、
ひどくなると涎がひどくなり、痛みで食欲がなくなるケースもあります。

抗生物質や痛み止めで一時的な状況改善が認められても、また痛みで食欲がなくなってしまうようなケースでは、抜歯が有効な手段となるケースがあります。

実際に当院で行った10頭の猫の全臼歯抜歯・全抜歯の術後の経過は非常に良好でした。
必ず良い結果が出るとは言えませんが、やってみる価値のある治療だとは感じております。

口腔内だけでなく気になる点がございましたらお気軽にご相談下さい。


投稿者 みつはし動物病院 | 記事URL

2020年1月13日 月曜日

ワクチンアレルギー/武蔵小杉、武蔵中原、元住吉、日吉 みつはし動物病院

こんにちは。

川崎市中原区のみつはし動物病院です。

ワクチン接種後に具合が悪くなってしまうケースがありますが、中でもアナフィラキシーは命に関わる重篤な状態となってしまうため要注意です。

ワクチン接種関連性アナフィラキシーの場合、1時間以内に具合が悪くなってくるケースが多いですが、ワクチン接種後の運動によりアナフィラキシーが誘発されてしまう運動誘発性アナフィラキシーなど、数時間経過してからアナフィラキシーが起こる事もあります。

アナフィラキシー時の主な症状は元気がなく、ヨタヨタし、口腔粘膜色の変化等があげられます。

ショック状態に陥り血圧が低下して血管確保が難しい場合は、アドレナリンの筋肉注射後に血管確保して点滴や昇圧剤投与、酸素吸入を行います。

ワクチン接種はなるべく午前の早い時間帯に行い、接種後は動物の状態をしっかりと観察することをお勧めします。


投稿者 みつはし動物病院 | 記事URL

みつはし動物病院 電話番号:044-863-8056

みつはし動物病院
〒211-0036
神奈川県川崎市中原区
井田杉山町2-1
LIFEPORT杉山1F

詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ