当院のブログ

2015年10月 4日 日曜日

ウサギの血尿/武蔵小杉、武蔵中原、元住吉 みつはし動物病院

こんばんは。

川崎市中原区のみつはし動物病院です。

今日はウサギの血尿についてお話します。

ウサギの血尿の原因として細菌性膀胱炎や膀胱結石、腎臓病、子宮の病気等があげられます。また病気以外にも、ウサギは食べる物によって、一見血尿のような色の尿をすることもあります。私自身、ウサギに野草をあげるのですが、その後の尿はやや赤みがかっています。

ウサギの血尿を予防するポイントとして、良くお話するのは以下の2点です。

①低Caのエサを与える。

②メスでは早期に避妊手術をする。

この他にも何点かありますが、この2点について簡単に説明します。

①に関しては、ウサギのCaの吸収、排泄が他の動物とは大きく異なっていることがあげられます。ウサギは腸から容易にCaを吸収でき、またその大半を腎臓から排泄します。そのため、高Caのエサを与えることで、腎臓〜膀胱・尿道でのCa結石のリスクが上がります。結石の要因は他にもありますが、予防のためにも低Caのエサを与えることを推奨します。

②に関しては、未避妊のウサギの血尿の大半が子宮疾患に関連しているということがあげられます。3、4歳になると子宮内膜過形成や子宮腺癌等の子宮疾患が増加傾向にあり、特に子宮腺癌は肺転移を起こしやすく、手術不適応になる場合もあります。ウサギが子宮疾患に罹患しやすいのはデータでも経験的にも明らかな事なので、当院では1歳までには避妊手術をすることを推奨しております。

ウサギの血尿は背景に大きな問題が生じている場合が多く、出来るだけ早い対応が必要になります。気になる点がございましたら、当院までお問い合わせ下さい。
























投稿者 みつはし動物病院

カレンダー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
みつはし動物病院 電話番号:044-863-8056

みつはし動物病院
〒211-0036
神奈川県川崎市中原区
井田杉山町2-1
LIFEPORT杉山1F

詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ